FXとは何か。

お金のことを知ろう

FXとは何か。

「FX」という言葉は、既に聞きなれた言葉になってきましたが、一体どういうものでしょうか。
FXは、Foreign eXchangeの略です。
日本語に訳すと、「外国為替証拠金取引」となり、外貨と日本円を為替変動に合わせて売買を行うことで、為替利益を得るものです。

たとえば、1ドル=100円の時に、1万円分のドルを買うと100ドルになります。
その100ドルを1ドル=120円の時に売ると、1万2千円戻ってきます。
この場合、為替利益は、2千円になります。
これを意図的に、為替レートを予想して、売買する仕組みのことをFXと言います。

さらに、FXは、手元の資金を担保に、その数倍の金額の取引を行うことができるのが、最大の特徴と言えます。
その分、為替差益も数倍になりますが、リスクも伴いますので、ハイリスクハイリターンの取引となります。

また、日本の銀行にお金を預けておくと、金利がつきます。
たとえば、100万を預けておいて、金利が0.3%だった場合、1年間で3千円の利息がつきます。
しかし、世界の国々によって、金利は異なります。
金利が高い国の通貨は保持しているだけで、高い利息を得ることができるというメリットもあります。

recommend