FXとは何か。

お金のことを知ろう

FXとは何か。

「FX」という言葉は、既に聞きなれた言葉になってきましたが、一体どういうものでしょうか。
FXは、Foreign eXchangeの略です。
日本語に訳すと、「外国為替証拠金取引」となり、外貨と日本円を為替変動に合わせて売買を行うことで、為替利益を得るものです。

たとえば、1ドル=100円の時に、1万円分のドルを買うと100ドルになります。
その100ドルを1ドル=120円の時に売ると、1万2千円戻ってきます。
この場合、為替利益は、2千円になります。
これを意図的に、為替レートを予想して、売買する仕組みのことをFXと言います。

さらに、FXは、手元の資金を担保に、その数倍の金額の取引を行うことができるのが、最大の特徴と言えます。
その分、為替差益も数倍になりますが、リスクも伴いますので、ハイリスクハイリターンの取引となります。

また、日本の銀行にお金を預けておくと、金利がつきます。
たとえば、100万を預けておいて、金利が0.3%だった場合、1年間で3千円の利息がつきます。
しかし、世界の国々によって、金利は異なります。
金利が高い国の通貨は保持しているだけで、高い利息を得ることができるというメリットもあります。

FXにはじめて挑戦する初心者のために

誰もが一度は投資に興味を持った事はあるでしょう。
投資法はいろいろありますが、最近、FXをはじめる人も増えてきました。
そこで初心者の方のために基本的な内容を説明すると、FXとは、「外国為替証拠金取引」の事を言い、外国の通貨を売買して利益を出す取引の事をいいます。
例えば日本円がドルの通貨に対して円安になるか円高になるかを予想し、円安になるとすればドルを買い、買った時点より円安に進めば進むだけ利益が出てくる事になります。
更に、金利での利益も見込める場合があります。
日本の金利と他国の金利の差額の金利の利益がでます。
そこで、最も金利が高い国の通貨を買う事で、買った額に応じた金利の利益が毎日加算されます。
また、資金があまりなくても資産運用ができる「レバレッジ」と呼ばれシステムがあり、10万円の証拠金でも10倍のレバレッジを掛ければ100万円の取引が出来ると言う事です。
また、基本的に土日、元旦以外の24時間取引可能で、日本の祝日は、必ずしも他の国も休日ではない事から、日本市場は休みでも他の国の市場は動いているという理由で祝日でも取引可能なのです。
そこで、初心者に一番大切なのは、最初は、一番最低な1000通貨からの取引をおススメします。
更にレバレッジの倍数が大きければ大きいほど、低価格で取引が出来ますが、ハイリスクでもあり、初心者は、2、3倍からが最適とされます。
取引にあたり手数料が発生する場合もありますが、取引をする証券会社によって異なりますし、10000通貨以上からの取引しかできない証券会社もあります。
証券会社を選ぶ時も十分検討する事が大切です。

recommend